FC2ブログ

記事一覧

春のベーシックコブキャンプ③ レポート。

先週末のかぐらは、お天気も良く、たくさんのスキーヤー・スノーボーダーで賑わっていました!!

今回は、ゲニース ナトゥーア初参加の方が数名いらっしゃいましたので、
初日の金曜日は、初参加の方々と、いつも参加してくださっている方々の2班に別れてレッスンを行ないました。
初めてのグループは、
最初はベーシックな動きを練習していきました。


金曜日は雪が降りました…


2日目3日目は、レベルに合わせて2班に別れ、
上級班は、ベンディングターンの練習、そしてコブのライン取りや、タイミングを合わせる練習、
下級班は、まずはコブの凸凹や決められた場所に合わせて動く練習を中心にレッスンを行ないました。

今回のキャンプも「ベーシックコブキャンプ」ですが、
やはりいきなり、コブ斜面で使う応用のテクニックを練習しても、
なかなかイメージ出来ず、難しくなってしまうので、
最初は、ベーシックなポジションや運動の仕方を練習ていきました。

それから、その動きを使ってコブ斜面へ応用していきます。



初めての参加された方がいつも言われる感想として、
「こんな事は初めて聞いた・・・」
という事を多く耳にします。

私達は、滑る時の形(フォーム)を矯正したり、フィーリングをただ治すのでは無く、
どうすれば正しい形になるか・・・
どういう運動の仕方をすればスキーに圧が加わるのか・・・
という、根本の部分を練習します。
その根本の部分が正しく機能すれば、
自然と良いフォームになって行きます。
それによって、難しい斜面が克服できるようになります。

年齢が若く、筋力や体力のあるスキーヤーは、
難しいシチュエーションでも、力で何とかしてしまう事ができますが、
年齢を重ねて体力や筋力が落ちてくると、若い頃のように力だけでは克服できなくなってきます。

根本的なベースの運動をしっかり身に付けていく事で、
シニアや女性など、力の少ないスキーヤーでも、難しいシチュエーションに挑戦したり、
また、何年も先まで長いスキーライフを楽しむ事がきるようになります。

コブも同じで、
自分の力や運動神経の良さでカバーしたり、
始めから諦めて横滑りや斜滑降の連続のようなリカバリーで滑るのではなく、
スキーの性能と、雪面からの抵抗を上手に利用し、
身体への負担がなるべく少なくなるような滑り方をしないと、
いつか必ず、怪我や、膝・腰の痛みを引き起こしてしまいます。

そしてその、負担の少ない滑り方が、
実は、「質の高い舵とり」となり、高いパフォーマンスへと繋がります。

春はコブのレッスンがメインとなりますが、
上記のように、ベーシックな部分をおろそかにせず、レッスンを進めていきますので、
ゲニース ナトゥーアが初めての方も、安心してご参加ください。
キャンプは、レッスンのみ、又は途中参加(2日間等)でのご参加も可能ですが、
よりレッスン内容を理解していただく為、
初めてのご参加の際は、
キャンプ日程どおり、宿泊込の3日間のご参加、または平日のキャンプをお勧めしております。


夜のミーティングでは、雪上では説明しきれない、力の使い方や動かし方を、
ゲニース ナトゥーアが考案した小道具(!?)を利用して、練習したりします!!


コブ斜面を克服する事はもちろん、
長いスキーライフを楽しむ為に、私達と一緒にスキー技術を学んでいきましょう!!



Fumi
スポンサーサイト



プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ