FC2ブログ

記事一覧

かぐらシーズン、スタート!

ショートターン攻略キャンプ②[3月10日(火)〜12日(木)]のレポートです。

中里スキー場の雪もいよいよ限界が近づいていきました・・・
気温の上昇もあって、雪質はストップ雪、コースの横幅も狭くなり、
緩斜面でのレッスンが難しくなってしまいましたので、
今回のキャンプから、かぐらスキー場を利用してのレッスンとなります。

しかしながら、
3月まで雪が保つか心配していた中里スキー場が、
3月まで持ちこたえてくれたことは、
スキー場関係者の皆様の多大な努力のおかげと思っております。

今シーズンも本当にありがとうございました。

ただ、スキー場の営業ままだまだ行っておりますので、
お子さま連れのスキーなどには是非、ご利用くださいませ!!



さて、今週の平日も、お天気は下り坂。。。
今シーズンは、こちらのSさん、あいにくの雨に当たる確率が多いですね。。。

でもそんな状況でも、モチベーション高く練習に励んでおりますよ〜

IMG_2563.jpg



さすがはかぐらスキー場。
まだまだ雪は豊富。
平日は空いているので、とってもレッスンがしやすかったです!


シーズン中、中里スキー場で練習していて、
春になって、かぐらスキー場へやってくると、
みなさん、最初は滑りがうまくいかずにお悩みモードに入る方が結構いらっしゃいます。

何故でしょう。。。

それは、
斜面が難しいから〜〜〜〜!!!


です。。。


かぐらスキー場、特にかぐらメインゲレンデは、
斜面が急であるとこと、左右への傾きが常に変化します。

ですので、
斜面を見ずに、また、自分がこれから滑る方向や弧の大きさをイメージせず、動きばかりを気にしてしまうと、
斜面に合った動きができないので失敗に繋がります。

これは、かぐらスキー場に限ったことではなく、
いつも練習しているスキー場と違うスキー場に行った時にはよく陥ることです。

普段から、斜面の起伏をしっかり見て、
それに合わせたタイミングや切り替えの方向、ターンの深さなどを決めて滑るように練習しておかないと、
ゲレンデが変わった時に、うまく滑れず、
自分が下手になってしまったような錯覚になってしまいます。


下手になったのではなく、
ゲレンデが変わったのが原因ですので、
普段から、自由自在に舵取りができるように、
滑る場所のイメージをしっかり持って滑るようにしましょう!

それが安全に滑ることにも繋がります。


これから長いかぐらスキー場でのシーズンがスタートしますので、
難しい斜面では特に、
技術的なことだけではなく、斜面全体を見て、
斜面に合わせた滑りができるように、練習を積み重ねていきましょう!


春シーズンも、
皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。
ゲニース ナトゥーア初参加の方も大歓迎で〜す!!!


IMG_2565.jpg





fumi




上達への近道
Austrian style ski school
GENIESS NATUR
スポンサーサイト



プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ