FC2ブログ

記事一覧

オフピステも整地と同じく丁寧にレッスンを進めています。

オフピステ攻略キャンプ①【1月8日(火)〜10日(木)】

毎年、お正月明けはたくさん雪が降ることが多いこともあり、
この時期に合わせて開催している「オフピステ攻略キャンプ」。
今回は平日編でした。

とはいえ、自然相手なので、パウダーではない場合もありますので、
パウダーだけではなく様々な雪の状態のオフピステを滑れるように練習をするレッスン内容となっております。


今年は年末からほぼ毎日のように雪が降っていますが、
初日は素晴らしい快晴。
前日に降った雪のおかげで新雪がこんなに沢山!!

IMG_1806.jpg

一言で「新雪(深雪)」と言っても、
気温や量などによって、雪の重さや抵抗が様々なので、
最初はこのように直滑降などで、新雪の中でバランスを取りながら動く練習から始めることがポイントです。

いろんな雪で試すことで、雪の量や重さによる抵抗に合わせたポジションを見つけることができるようになります。


この日は夜から大粒の雪が降り出し、
2日目の朝は、天気は大荒れ・・・
越後湯沢名物?
新雪の量が多すぎて、オフピステは真っ直ぐでも進みません・・・
という1日でした。笑。

IMG_1808.jpg

ある程度、人が滑った後の荒踏み状態になってからが面白いですね。。。

こんな日はやっぱり幅が少し広めでトップ部分がロッカーしているスキー板が必要〜〜〜

IMG_1807.jpg

バックカントリーをしない人でも、
越後湯沢でスキーを楽しむ人は、
少し幅が広めのスキー板を1台用意しておくと、楽しみが広がりますよね!!



そして最終日。
前日の夜から気温が一気に下がり、マイナス8度。
朝起きたらマイナス12度でした・・・
越後湯沢とは思えない・・・(驚)

お天気は良くなりましたが、日中も気温はそれほど下がらず、上質な雪を楽しめました〜〜〜

IMG_1820.jpg

IMG_1828.jpg


ゲニース ナトゥーアの指導法(オーストリアの指導法)では、
このようなパウダーも、その他の雪質のオフピステも、
整地で練習している動きと同じ動きを使って滑ります。

ただ、雪の抵抗が大きく変わるので、ポジションや動く量などをその抵抗の大きさに合わせる必要があります。
いきなりオフピステをガンガン滑るのではなく、
オフピステの中で、いつもの練習を繰り返すことから始めて行きますので、
オフピステが滑れない方でもご参加いただけます。

金曜日からの週末コースもまだまだ空きがあります!
急なお申し込みも受け付けておりますので、
是非いかがですか〜〜〜?


お待ちしておりま〜す!




fumi





上達への近道
Austrian style ski school
GENIESS NATUR



スポンサーサイト

プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -