記事一覧

ベーシックコブキャンプ③

今回のベーシックコブキャンプも、皆さんで綺麗な溝コブを作っての練習となりました〜

IMG_6918.jpg

IMG_6920.jpg


皆さん、舵取りの質が良いので、綺麗な丸い溝ができるのですが、
おかげで、溝が深くなると難易度が増します・・・💦

レーシングのスラロームのコースが掘れたような形状になるため、スキーをいっぺんにずらしてコントロールする、ということができなくなるので、
どうしても更に質の高い舵取りが必要になってくるのであります。。。

しかしながら、ゲニース ナトゥーアのレッスンの繰り返しご参加くださっている皆さんは、舵取りの質も徐々に高くなってきているので、
そんな難しい状況の中でも頑張って滑っておりました〜〜〜

IMG_6914.jpg

IMG_6923.jpg


溝が掘れると、どうしてもいっぺんにスキーの方向を回したり、必要以上に深回りをしたくなりますので、
ライン取りがとっても重要になってきます。

自分がイメージしているラインと実際に効率よくコントロールして滑れるラインはちょっと違っているので、
コブを滑る場合は、
技術的なことだけではなく、ライン取りのイメージが大切です。

事前に質の良い舵取りの練習をたくさん行なっている皆さんは、ライン取りをメインに考えれば良いのですが、
練習をしていない方にとっては、良い動きができないとどうしても良いラインには入っていけないので、ちょっと苦戦してしまいます。

是非、コブを滑る前に、しっかりとした舵取りと切り替えの運動を覚えて、良いイメージを身につけましょう!!

IMG_6930.jpg

中級班は、深く掘れた溝コブはちょっと難しいので、
まずは整地で小さくターンができるように練習し、
その後、溝コブの反対側からクロスするように滑ったりして、決められた場所で小さいターンができるように練習をしました。

IMG_6932.jpg

IMG_6928.jpg

ターン弧を自由自在にできることが、コブへの第一歩です!
上級班の皆さんも、整地でできない運動はコブではできませんので、
コブの練習だからといってコブばかり練習するのではなく、
整地で動きを質を高めることも取り入れながら、練習をして行きましょう。

しっかり練習して、4月からのコブシーズンを楽しみましょう〜〜〜

IMG_6931.jpg




Fumi




スポンサーサイト

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR