記事一覧

舵取り完全攻略キャンプ 最終回。

今回の平日キャンプで、
今シーズンの舵取り完全攻略キャンプは最終回となります。

3月の終わりに、舵取り攻略スペシャルキャンプ(3日間別のスキー場を利用して、様々なゲレンデを滑ります)がありますので、
基本練習の成果を試す機会に是非ご参加下さい!!


今回の平日キャンプもお天気は荒れ模様・・・
今シーズンは、週末晴れて暖かく、平日に荒れる、というパターンが多いですね・・・。

おかげで、気温上昇で緩み、量が減った雪も、だいぶ回復しましたよ〜〜〜

IMG_6647.jpg


残念ながら初日は雨。冷たい雨。
そんな中でも皆さん頑張って練習してくださいました!!
ありがとうございます。

風も強まり、2日目は大荒れ。
そして寒い・・・

最終日は新雪を楽しめました〜〜〜


越後湯沢は、長野や東北など他の雪国に比べて湿度が高いせいか、
マイナス2〜3度でも、極寒になることが多いのです。
降る雪も水分が多く、ウェアーに付いた雪が更にに体感温度を下げるようですね。

こんな気候の地域では、休憩できるレストランなどでしっかりウェアーを乾かせる場所があると、
スキーを楽しむ気分も変わってくるのですが。。。

しかしながら、
最近はウェアーも進化し、
特に山スキー用のメーカーのウェアーはゴアテックスなどの防水性の高い素材を使用しているものが多くなりましたので、
ゲレンデスキーヤーの皆さんも、そんなウェアーをセレクトして見てはいかかでしょうか?

そうすれば、濡れたリフトに座ってパンツまで水が浸透・・・ということもなく、
ジャケットも休憩中にある程度乾きやすくなります。

また、スキーグローブも、
ゴアテックス素材を使用したものも増えておりますので、
湿った雪が降る日は、とっても重宝しますよ。

IMG_6307.jpg

IMG_6311.jpg

そして、ゴーグルは中の空気を調整してくれる機能がついたものありますので、そういったものを使用すると、ゴーグルの曇りは改善します。

IMG_6308.jpg

IMG_6310.jpg

スキーというスポーツは、マテリアル一つで快適さが変わり、
モチベーションもアップします。
「あればなんでもいいや」
と思うのではなく、
なるべく機能性の高いもの、
そして、自分が滑りに行くことの多いスキー場の気候を考えて、マテリアル選びをして見てください。

そうすることで、スキーの「楽しい」という気持ちがさらにパワーアップしてくれることは間違いありません!!


次回からのキャンプは、
ポールキャンプ、インテンシブコース、コブキャンプ、、、
と、春に向けて応用編が始まります。

雪質の良いうちに、大切な基本練習をして、
春に備えましょう〜〜〜



Fumi
スポンサーサイト

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

プロフィール

Author:GENIESS NATUR