FC2ブログ

記事一覧

かぐら春キャンプ②

なかなか「ぽかぽか春スキー!!」にはなりませんが・・・(笑)、
かぐら春スキーキャンプ②です。

初日は、田代ロープウェーからスキー場へ上がりました。

田代エリアは、やはりレッスンに適していますね~
なだらかな斜面で正確なポジションや動きを、余裕を持って練習することができました。

ごめんなさい!!
初日はスキー場で写真を取るのを忘れてしまいました。
ので、ミーティングの写真・・・。
美味しいお酒の差し入れ、ありがとうございました~。



2日目はみつまたロープウェーからかぐらゲレンデへ。
雨予報ということで、この日は週末にしてはそれほど混雑していませんでした。

上級班はかぐらゲレンデをメインに、
中級班は田代エリアも使いながら、レッスンをしていきました。



3日目はようやく「春スキーモード」に突入です!!
暑いくらいでした~~

この日は上級班も田代エリアを使いながらのレッスンです。



この時期の週末、かぐらゲレンデはたくさんのスキーヤー、スノーボーダーで賑わうので、
朝は整地されたゲレンデでも、午後になるとコブ斜面に変身してしまいます。

田代エリアの緩斜面や中斜面で練習をして、かぐらエリアに戻ってきながら徐々に実践のコブを練習していく・・・というのもいいパターンですね。

また、かぐらのメインバーンには、意図的に作った溝コブではなく、
コース全体に自然にコブができるので、
中級者の皆さんにもとてもいい練習になります。

コブの溝を小回りで滑れるようになる為には、
コブの溝で練習する前に、
まずは凸凹のある斜面で、その凸凹に合わせてバランスを取りながら滑れるようにすること、
そして、整地の急斜面やアイスバーンでもしっかりコントロールできる小回りで滑れるようになることが大切です。
(「小回り」といってもそれほど細かくなくても、「小さめのターン」程度でOKですが・・・)

それから、ベンディングターン → コブ、
というように段階を踏んでいきましょう。

整地された斜面で、雪面抵抗を利用してスピードコントロールできた小さめの丸いターンが出来ないのに、
いきなりコブの溝を丸い弧で滑るのはとても難しいことです。

また、コブの溝を小回りで滑る・・・という事までまだ目標にしていないスキーヤーの皆さんも、
午後にコブコブになってしまった斜面を安全に滑って降りてこられるようになれば、春スキーの楽しさも倍増しますよ~~

春スキーシーズンは始まったばかりですので、
是非、春スキーを楽しんで上達していきましょう!!



FUMI
スポンサーサイト



プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ