FC2ブログ

記事一覧

いよいよ春スキーシーズンが始まります!!

3月も後半に差し掛かり、残す所あと2週となりました。

4月からはゲニース ナトゥーアの春スキーシーズンが始まります。

奥志賀キャンプから始まり、春の八甲田バックカントリーキャンプもまじえながら、
4月のメインキャンプは「かぐら春キャンプ」です。

かぐら春キャンプは、まだまだゲレンデに残る整地された斜面を利用しながら「舵取り」の練習、
上級班はコブのレッスンも行っていきます。
状況・レベルに応じて、かぐらゲレンデだけではなく、整地の多い田代エリアも利用しながらレッスンを進めていきます。

kaguraharu3.jpg


コブや整地にこだわらず、春のゲレンデに現れるシチュエーションを楽しめるように練習していくのが「かぐら春キャンプ」なのですが、レベルに応じてコブのレッスンも取り入れていきますので、コブレッスンに興味がある方にもお勧めですよ!

春になると雪質はザラメ雪になっていきます(たまに雪が降って白い綺麗なゲレンデになるときもありますが・・・)。
ザラメ雪は重くて足も疲れるし、上手く滑れない!!
と思っている初・中級者の方もたくさんいると思います。

ですが、私達ゲニース ナトゥーアのレッスンメソッドで、スキーが滑る力と雪面抵抗と上手に利用した動きを練習すれば、
そんなイメージも無くなって行きます!

kaguraharu1.jpg


雪が重くて上手くターンができないのは、
スキーが滑る力を無視して、スキーをまわすことばかりを考えてしまう=自分の力ばかりを使ってターンをしているからなのです。
特にシニア世代の方や女性など、筋力が少ないスキーヤーにとっては、
春のザラメ雪で自分の筋力を駆使した技術では直ぐに疲れてしまい、怪我にも繋がります。

トップシーズンの良い雪質でも、やることは一緒なので、
ザラメ雪という、ちょっと難しい雪質で練習しておけば、来シーズンにもその技術が生きていきますよ。

また、コブの練習にはやわらかい雪質の春が最適ですね~。
横滑りで作られた角ばったコブでも、丸い弧でしっかりと舵取りをした滑り方が可能です。

スキーを真下にずらすことでコントロールするのではなく、通るラインによって浅回りや深まわりにターンすることでコントロールする、質の高いコブの滑り方を覚えましょう!
そうすれば、どんな形のコブにもう対応できる技術を身に付ける事ができます。

これでシーズン終わり!!
なんて言わないで、春の雪やコブにもトライして、スキーの楽しみ方を増やしていきましょう~~~。

kaguraharu2.jpg


かぐら春キャンプは、週末・平日を通して計5回あります!!
平日スキーが可能なスキーヤの皆さんは、のんびり・じっくりレッスンができる平日キャンプがお勧めです。

このあと3ヶ月続くスキーシーズン、
一緒に楽しんでいきましょう~!


FUMI
スポンサーサイト



プロフィール

GENIESS NATUR

Author:GENIESS NATUR

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ